社会の変化と千葉進研(中学生:塾だより7-8月号)

6月に入り各地で学校が再開されました。部活動も含めると、元通りには、ほど遠い状況とは思いますが、日常生活を取り戻す第一歩は踏み出せたのではないでしょうか。一方で、数ヶ月にも及んだ休校により、みなさんの体力は確実に落ちていると思います。学校が再開してからまだ1ヶ月ほどですが、体調は大丈夫でしょうか。まずはその点をとても心配しています。元気があってこその学校生活、そして塾です。大変なこと、不安なことがあったら、遠慮せずに塾の先生や周りの大人に相談しましょう。大人たちでさえ、今の状況を乗り越えるのに苦労しています。みなさんが今の状況を大変と感じたり、うまくいかないことが出てきたりするのは無理もないことです。話を聞いてあげることぐらいしかできないこともありますが、それでも、同じ気持ちを共有するだけでもずいぶん楽になることが多いです。だから、少しでも困ったことがあったら、気軽に声をかけてください。いつでもお待ちしています。

まずは、今いちばん伝えたいことを書きました。それでは本題に入ろうと思います。

3月頃から日本社会では、急速にテレワーク(離れたところで働くという意味、在宅ワークなどを含む)が広がりました。業種によっては、どうしても現場への出勤が必要なこともあり、全てがテレワークになったわけではありませんが、働き方に大きな変化が見られました。そして、緊急事態宣言の解除を受け、6月頃からはそのままテレワークを続けていく企業、元の仕組みに戻る企業と分かれてきています。

塾でも小中学校の休校を受け、従来の授業「対面型授業」から、「動画配信授業」や「オンライン授業」への移行をせざるをえなくなりました。離れたところからという意味では、テレワークに通ずるものがありますね。そして6月からは対面型授業が徐々に復活してきている状況です。ここまでは社会と同じ動きをしていると思います。しかし、今後のことを考えると、これからの取り組みがとても大切になってきます。

秋から冬にかけては、例年のインフルエンザの流行に加えて、新型コロナウイルスの感染再拡大が強く懸念されます。今年度は大丈夫でも、近い将来、また別の未知のウイルスが登場する可能性もあります。さらには、昨年の秋、大型台風が相次いで上陸しました。台風の影響で10月のVもぎが中止に追い込まれたのは記憶に新しいところです。こんなとき、今まではただ学校や塾を休みにするしかありませんでした。できることと言えば、せいぜい電話やメールでやりとりをするくらいでしょうか。

夏頃まではある程度落ち着いた状況が続いてほしいと願っていますが、秋以降は分かりません。あらゆる事態を想定しておかなければいけないと考えています。実際に塾では、動画配信授業やオンライン授業の体制を短期間で整え、実践しつつあります。こうしたICTの活用は、今までの状況に対応することが大きな目的でしたが、同時に、今後に向けての準備でもあります。ICTの活用には大きな可能性を感じています。あらゆる事態に対応するため、また、日頃の指導をより良いものにするため、研究と実践を続けています。

生物学の言葉に「赤の女王仮説」というものがあります。ルイス・キャロル作『鏡の国のアリス』の作中で登場する、「その場にとどまるためには、全力で走り続けなければならない(It takes all the running you can do, to keep in the same place.)」という言葉にちなむものです。

この言葉の中の「その場にとどまる」というのは、まさに今、私たちが取り組んでいる「元の生活に戻る」ことに他ならないと思います。さらに言えば、「元の生活に戻る」だけでなく、「充実したより良い生活」に向かって取り組むべきと思います。先ほどの言葉を借りるならば、「その場にとどまる」だけでも「全力で走り続けなければならない」わけですから、「充実したより良い生活」にするためには、さらなる努力が必要になります。まずはお互いにしっかりがんばりましょう。

一方で、努力には限界もあります。努力だけではなく、工夫も必要になります。この工夫とは、今までになかった新しいものを取り入れることだろうと思います。学習面でいえばICTの活用がこれにあたります。私たち千葉進研は、これまで通りみなさんを伸ばすため、そして新しい時代に活躍できる人になってもらうため、努力と工夫を続けていきます。みなさんも、何か小さなことでもいいですから、今の自分の学習や生活を見つめ直し、より良くするためにどうしたらいいか考えてみてほしいと思います。今の困難な状況を乗り越えるだけでなく、成長するための糧とすることが大切だと思います。陳腐な表現ではありますが、いっしょにがんばりましょう。

スイッチ(小学生:塾だより7-8月号)

小学校や塾(じゅく)では対面の授業(じゅぎょう)が再開(さいかい)され、少しずつ活気が戻ってきました。これまでとまったく同じ生活がもどってくるまでには、まだ時間がかかると思いますが、東京都の小池都知事の言う「ウィズ コロナ(コロナとともに)」の気持ちで、それぞれが新型(しんがた)コロナウイルスに気をつけた生活をしながら、元の生活リズムをとりもどしていくことが必要(ひつよう)です。
6月に学校が始まるまでの約2か月半、外にもほとんど出ず、同じ家の中で、来る日も来る日も過(す)ごしてした人がほとんどだと思いますが、6月に学校がはじまってから、勉強に集中できなかったり、つかれやすくなっていたりしませんか。でもそれは、今この文章を読んでいる君がわるいのではありません。かつて私は「週間が習慣(しゅうかん)を作る」という言葉を使ったことがありますが、人間の「習慣」は1週間もあればかんたんに変(か)わってしまいます。2か月半つづけてきた「ステイホーム」の生活を、学校がはじまったからといって、すぐにもとにもどしなさいという方がむずかしいのです。
そこで、今回はみなさんがもとの生活にもどるためのヒントについて書きます。もとの生活にもどるために、みなさんにはぜひ「スイッチ」を大切にしてほしいと思います。ゲームではありませんよ。休校期間、みなさんはゲームの「スイッチ」はやっていたけれど、日々の生活では「スイッチ」のない生活を送っていたのではないでしょうか。
話は少し変わりますが、このステイホーム期間に、テレワーク(自宅で仕事をすること)をした人に話を聞いたことがあります。そこでみなさんに「問題」なのですが、その人がテレワークでいちばんつらかったことは何だと思いますか。
仕事の道具がない?…いいや、パソコンひとつあれば仕事はできます。
会社の人に会えない?…いいや、今はオンラインで仕事の打ち合わせができます。
その人いわく、自宅で仕事をすると、「仕事の時間と自分の時間を区別(くべつ)できないこと」がいちばんつらかったそうです。
家で仕事をするので、パソコンを閉(と)じればそこで仕事は終了(しゅうりょう)。でも、そのまま「よし、今日の仕事終わり!」といって、じゃあベッドにゴロンとなる、テレビを見る、好きな音楽を聞く、という風にはすぐにはならないようです。すぐ目の前に仕事用のパソコンがあり、仕事用の机(つくえ)がある。そういう中で、かんたんに心の「スイッチ」は切りかわらないのだそうです。だから、ふつうに会社に行くよりむしろつかれてしまった、と言っていました。
みなさんもそうなのではありませんか。今までは「学校に行く」「塾に行く」「公園に行く」というように、様々な場所に行ったり、場所を変(か)えたりすることで、スイッチがきりかわっていました。3月~5月の間、「スイッチを切りかえる」ということをしてこなかったみなさんが、周り(まわり)の大人、学校の先生、習い事の先生、いろんな人から急にスイッチを入れられているのが今です。それではつかれてしまうし、集中もできないでしょう。
そこで、これからの生活では「スイッチ」を上手に使うようにしましよう。「〇〇をしたら勉強をする」とか「△△をしたら勉強は終わり」などのスイッチを自分の中に持つことが必要です。「うでをぐーっとのばしてストレッチしたら、勉強をはじめよう」これくらいのかんたんなものでいいです。逆(ぎゃく)に「宿題をやり切ったら、ふーっと深呼吸(しんこきゅう)をする」そうやって「お休みモード」へスイッチを切りかえることも必要です。
 朝から夜まで、何もかわらない景色(けしき)の中にいたみなさんには、今の目まぐるしい生活は少しシゲキが強いように感じることもあるでしょう。しかし一気にもどす必要はありません。少しずつ、少しずつ。ゆっくり、ゆっくり。心の中にはいつでも「スイッチ」を持ち続(つづ)けましょう。ゲームの方のスイッチは、本体と持ち運びできる部分を分けることができますね。これと同じように、がんばる自分と、がんばらない自分を、うまく切りかえて、新しい生活に少しずつ慣(な)れていきましょう。

自由研究のヒント(全学年:塾だより7-8月号)

研究テーマの選び方―身のまわりを見てみよう―
・ 似ていて違うものを比べてみるのも面白い。
[例えば、文房具について調べよう]油性と水性のペンで書けるものを比べるとか、HBとHの芯で字の色や折れやすさを比べるとか、いろんな紙で破れやすさや日焼けのしかたを比べるとか、水性のインクをわざとにじませて、どんな色が入っているのか調べてみるとか。

・ 違うことをやったらダメなのか、やってみないとわからない。
[例えば、食べ物について調べよう]インスタントラーメンを違う時間で作ってみるとか、わざとお湯の温度を低くしてみるとか、ゆで卵をいろんな温度で作ってみるとか、クッキーやケーキをわざと分量を間違えて作ってみるとか、牛乳を置きっぱなしにして腐る様子を調べるとか。

・ いやというほど見かけるものを、じっくり見てみよう。
[例えば、雑草や虫について調べよう]いくらでも生えている雑草の葉はどうなっているかとか、どんな虫がどんなところに集まるかとか、特にいやーな虫が集まるのはどんなところかとか、殺虫剤の種類と効き目を比べてみるとか。

・ 調べることは、何だってかまわない。
[例えば、自分の家について調べよう]ホコリは部屋のどこに集まるのか?とか、部屋によって汚れ方は違うのか?とか、冷房が効きにくいのはどんなときか?とか、どういう部屋にカビが生えるんだろう?とか。

・ 人に聞いてみるのも、ありでしょう。
[例えば、誰かの研究を発展させよう]先輩の研究をバージョンアップさせるとか、インターネットで検索した研究をマネることからはじめてみるとか、本に書いてある研究を自分なりに試してみるとか、塾の先生にまとめやすい研究を聞いてみるとか。


研究の進め方―これを守って、いい研究にしよう―
・ 繰り返しが大事
[実験は、一回では意味がない]同じ実験でも、なるべく2度以上繰り返して結果を記録しましょう。少しずつ変えた実験をたくさんやると、あとで結果をまとめやすくなります。少し変えた実験をたくさんやる。これ、実は科学のキホンです。

・ 仮説を立てよう
[予想は、間違ってもかまわない]実験・観察を始める前に、必ず予想を立てましょう。予想がハズレることもあるけれど、そのほうが調べたいことが見えてきます。予想がハズレてやり直す。これも、実は科学の常識です。

・ 記録を残そう
[やりなおしは、できません]専用のノートを用意して、できるだけ細かいことまで記録します。その日の天気とか、温度とか、時刻とか、まわりのようすとか、後から思い出せないことが、実は重大なヒントだったりすることもあります。記録できるものは記録する。これが科学の鉄則です。もちろん字で書くことも大事だけれど、せっかくスマートホンを持っている人は、写真や動画を撮っておくのも、とても良いです。

・ 本で調べて人に聞こう
[大事なところに自分だけの工夫を]完全に自分だけの研究をするのは大変です。人のまねから始めるのもいいと思います。本やネットの研究をそのままやっても、どこかに自分の工夫を入れれば、キミだけの研究になります。少しずつ自分の工夫を増やしていきましょう。偉大な科学者だって、最初は人のまねから始まるものです。


研究のまとめ方―見やすくまとめればポイントアップです―
・ まとめかたの決まり
[普通は、こんな風にまとめます]自由研究のまとめ方には、みんなが知っている「作法」あるいは「お約束」があります。それを守って、誰にでも読みやすいレポートに仕上げましょう。

・ よくあるまとめかた
0.研究の題名 わかりやすく、興味をひくような題です。何について調べたのか、題名だけでちゃんと伝わるように、そして、つい読みたくなるように題名を決めましょう。
1.研究の動機 研究を始めたきっかけを書きます。どうして、この研究をしようと思ったのでしょうか。あまり長く書かなくてもかまいません。テーマを思い付いた時のことを書いてみましょう。
2.研究の目的 何について、どんなことを調べようとしたのでしょう。ひとつひとつ、はっきりとした言葉で書きます。「○○が△△になっているか、違うのか」みたいな感じで、予想を立てて書いてみても良いでしょう。
3.研究の方法 どんな実験や観察をしたのでしょうか。ひとつひとつ、図や絵を付けて詳しく説明します。読んだ人が、その実験をマネできるくらい、丁寧に説明してあればOKです。写真で説明するのも、アリです。
4.研究の結果 わかったことを、ひとつひとつ正確に書きます。表やグラフ・図などを使って、わかりやすくなるように工夫します。写真は、ここでも役に立つでしょう。
5.考えたこと 研究の結果について、考えられることを書きます。予想は、あっていたのでしょうか。自分だけの考えがあれば、それも書きましょう。
6.反省 研究して思ったこと、感じたこと、知ったこと、感動したこと、こうすればよかったと思ったこと、もう1回やるなら、こういう点を調べたかったと思うこと。研究の最後に、自分の気持ちを書いておきましょう。

・ そして仕上げに
[書き上げる前に人に見せよう]レポートがだいたいまとまったら、書き上げる前に誰かによんでもらいましょう。塾の先生に読んでもらうのもおすすめです。読みやすくまとめられるように、良いアドバイスをもらえると思いますよ。

今年の夏休みの過ごし方について(中学生:塾だより7-8月号)

今年は、どの地域の中学校も夏休みが短縮されています。7月中もそうですが、8月中も学校の授業があります。学校がお休みの夏休み期間は2週間前後でしょうか。
毎年、2期制の中学校(前期・後期)では、6月に1回目の定期テストがあります。今年度は、1回目の定期テストが中止になったところも多いようです。(実施する中学校では7月の初旬に行われる中学校がいくつかあります。) 中止になった中学校では、最初の定期テストは8月下旬または9月初めに実施されると聞いています。この場合は、範囲がいつもよりも広いようです。ここはしっかりと準備をしていかないといけませんね。
 学校のない夏休み期間が短いので、定期テストの準備も日頃からコツコツと進めていかないといけません。地道な勉強が点数アップや順位の大幅な上昇につながると考えます。毎日の勉強で大切なことは、最初に大まかでかまいませんので、テスト前日までの計画を立てましょう。その次に、その計画を小分けにします。いつまでにそれを仕上げるのか、そこは自分の進度に合わせて間に合うように振り分けます。そしてひたすら着実に進めていくのです。なるべく予定から外れないように、調整しながら進めて下さい。テスト5日前くらいになったら、もう一度計画通りに進んでいるか確認してみましょう。テスト5日前くらいからテスト前日までは今まで勉強してきた内容の総チェックです。ここではあまり新しい内容には触れないほうがよいようです。間違い直しや復習、また暗記をさらに繰り返すなどの勉強をして下さい。勉強していてわからないことがあれば、その都度自分で調べたり、近くの先生に質問したりしましょう。その際には、自分が納得するまでしつこく聞いて下さい。そして聞いたやり方で、もう一度一人で解いてみましょう。そうすることでテストでも正解が書けます。ここはさぼらないでしっかりとやりましょう。
それでは最初、または2回目の定期テストに向けてともに頑張っていきましょう。

夏休み明けの定期試験について(中学生:塾だより7-8月号)

前期期末試験・2学期中間試験をがんばろう

 夏休み明けには、前期期末試験や2学期中間試験が行われます。今年度2回目の定期試験のところもあれば、今回の新型コロナウイルスの影響で、今年度初めての定期試験の中学校もあります。いずれにしても、夏の頑張りで結果が大きく変わります。
 今年は、夏休み期間が短いです。「夏、頑張ろう」と言っても、短い夏休み期間だけ頑張るのではなくて、7月・8月トータルの頑張りが、9月以降の結果につながると思っておくと良いです。定期試験だけではなく、毎年、夏の頑張りで秋以降の飛躍する生徒がたくさんいます。千葉進研では、今年は短い夏休み期間以上の夏期講習期間を設けて、みなさんの学習をバックアップします。
 さて、定期試験は、とにかく「準備」が大事です。しっかりとした準備は、そう簡単にみなさんを裏切りません。逆に言うと、どんなに学力がある人でも、しっかり準備をしなければ、思うような結果がでないことがあります。間に合わないことがないよう、早めに準備しましょう。具体的には学校のワークをやるところから始まると思います。塾でもしっかり定期試験対策をします。できれば塾での対策が始まる時には、学校のワークの1回目は終わっている状態が望ましいです。しっかりとした準備は、自信につながります。自信を持って本番に臨めるよう、万全の「準備」をしてください。
 中3生は、内申点確保のためにも、残り少ない定期試験でしっかり結果をだしていく必要があります。公立入試はもちろんのこと、ほとんどの人が受けるであろう私立の併願推薦入試では、中3次の内申点が推薦基準になっている学校がほとんどです。もしかしたら、勉強に関していろいろ言い訳がしやすい状況かもしれませんが、千葉進研には、同じ条件の中しっかりやっている子もたくさんいますし、受験の時にあなたの受験校は言い訳を聞いてくれるわけではありません。夏の頑張りを、秋以降の飛躍につなげられるよう、ここが頑張りどころだと思ってください。そして、千葉進研では、本当の意味でみなさんが受験生になるよう、この夏、本気でみなさんの学習をバックアップしますので、ともに頑張りましょう。

夏期講習の楽しみ方(中3:塾だより7-8月号)

 中3のみなさん、夏期講習の日程はゲットできましたか?
 部活をこれまで懸命にがんばってきたのに最後の大会はなくなり、夏休みが短くなって普通に学校もある上、その短くなってしまった夏休みにほどよくたくさんの夏期講習の授業が盛り込まれているのを見たら、まぁ軽いため息が出そうになるのも無理はありません。
 しかし、夏の大切さを毎年毎年イヤというほど思い知らされている私たち千葉進研が、たとえ前代未聞の非常事態宣言のあとだからといって、中3の夏期講習を少しでもイージーなものにするなんてことはまずありえません。この夏、どうやってみなさんと一緒にがんばり、みなさんにいかにたくさんの力をつけてもらい、この夏が終わった後、どれだけたくさんの笑顔が見られるかを、今からワクワクしながら待っているところです。
 でも、「正直ちょっとつらいよなー」というのが、普通の中学生だとも思います。そこで、今回は夏期講習の楽しみ方(?)を、無理やりになるかもしれませんが、いくつか勝手に提案してみますね。

プランA 「バトる」
「友情」「努力」「勝利」は某有名マンガ雑誌のテーマですが、確かにこれらにそってやってみると何事も面白くなることが多いようです。人気のあるマンガや映画には必ずと言ってよいほど魅力的な敵やライバルが登場します。そこで、あなたも塾のクラスに魅力的なライバルを勝手に作り、積極的にバトルを挑んでみるのはどうでしょうか。(あ、学習だけでお願いします)
 小テストの点数は自然と聞けるはずなので、自分の得点と比較して勝敗をジャッジしましょう。期間を区切って対戦相手を変えたり、自分の苦手な科目に限定して、より努力が必要にしたりするのもいいかもですね。まずは少しがんばれば勝てるような相手をターゲットにしてみます。最高なのは友だちとお互いに勝負を宣言し、切磋琢磨することです。夏が終わったら、2人とも成績が爆上がりしているかもしれませんよ。

プランB 「コンプする」
 苦手な科目限定で「この夏やり遂げたらすごいな」と、心から思えることを何か決めます。シンプルにテキスト1冊とかでもいいです。そして、その全体を使える日数で割り、少しばかり予備日を作ったら、毎日そのノルマをこなしていきます。途中に、例えば一週間ごとの目標を決めておき、決めた日までに終わらせることができるかを楽しみながら進めましょう。もし何をやるか迷う場合は、あまり時間をかけず塾の先生に相談してみるのが吉です。見事ゴールすることができたとき、あなたは「コツコツ・パワー」の偉大さを知ることになるでしょう。

プランC 「ごほうび」
 がんばることができたあと自分にあげるごほうびを、前もって決めておきましょう。小さなものなら毎日でもいいかもしれません。いつも好きでやっていることや、大好きな食べ物を少しだけガマンし、努力のあとに持ってくるだけでちょっとしたごほうびになります。夏期講習は長く、内容も高度で、宿題もたくさん出るかもしれません。クエストのレベルは高めです。しかし、それだけガマンするのなら、ごほうびもそれに見合う大きなものでゆるされるはずです。ライバルに勝ったら、自分で決めたことをコンプリートできたら、成績があがったら、第1志望のA判定がとれたら・・・。自分にあげる立派なごほうびを今から本気で決めておいてください。お家の人との交渉が必要ならそちらもお早めに、です。

夏の受験生に向けて(中3:塾だより7-8月号)

今年は例年とはいろいろと違うスタートになってしまいました。これまでの生活をふりかえってみるとどうですか。自分は十分がんばってきたと思えるような過ごし方ができているでしょうか。見ていると、がんばれている人とそうでない人の差がますます大きくなってきている気がします。休校期間中にがつがつやってしっかり復習・予習できました! という声も多く聞こえる一方で、どうも身が入っていない人もいるようです。もちろん、今年に限らずなかなかエンジンがかからない人がいるのは事実ですが、それでも学校や定期テストがありましたし、周りからの刺激もあり勉強に取り組むことができていました。しかし、今年は集団での授業もなく、自習にくることもできないと、一人で勉強するしかないことが多く、十分に効果的に勉強できていない人もいるように感じます。これまでうまくできなかったという人は、特にこの夏しっかり気を引き締めて臨まなければ、希望の進路を実現することが難しくなってしまいます。もう時間もそれほど残されていませんから、時間の使い方や何をどう進めるかよく考えて、精いっぱいがんばってほしいと思います。
夏の間は3年生の勉強がもちろん最優先ですが、入試問題に向けて1・2年の内容の復習をしておきたいところです。今年は休校期間でかなり復習に力を入れた人が多いと思いますので、復習した内容を忘れないように、あるいは自分のものにするための勉強をしましょう。またあらためて昔の内容をながめると、ある程度勉強が進んだからこそ見えてくるものがあるかもしれません。定期的に見直してみるとよいでしょう。なにをどうすればよいかよくわからない人は、塾の先生に相談してください。また、勉強の質問も大歓迎です。英語の先生は常に生徒たちの英語を敬遠する気持ちを滅ぼしたいと画策していますし、数学の先生は隙あらば数学好き仲間にひきずりこみたいと思っています。塾の先生はみんな各教科のつらいところや楽しみ方をよく知っています。なんとかみなさんの力になりたいと願っています。先生の話に耳をかたむけてみてください。きっと、いろいろと得るものがあるだろうと思います。
これまで休みがあったぶん夏休みは短くなりました。つまりいうなれば、受験生の夏休みはすでに半分終わってしまったということです。もう夏はとっくに始まっていました。残りの夏をどう過ごすべきか後悔のないように取り組みましょう。そして、来年ふりかえったとき、「大変だったけどいい夏だったな」と思えるようにしてもらいたいと思います。

夏のがんばりが受験を左右します(中3:塾だより7-8月号)

今年は新型コロナウィルスの影響で、年度初めに学校が長期間お休みになったかと思えば、夏休みが短くなることになりました。いつもと違う年に受験を迎えるため、3年生は少し不安に感じているのではないでしょうか。
この「少しの不安」は程よい緊張感につながり、勉強には良い影響をもたらします。受験への危機感は、適度にある分には、自分の味方となってくれます。

ただ、みなさんは学校がお休みだった間、何もしなかったわけではありませんね。学校と塾から出された課題をこなすことで、これまでの復習をかなりしたはずです。この「復習」は、実は受験勉強そのものなのです。受験勉強で実際にやることは、3年間の総復習と問題演習です。ですから、みなさんは、学校がお休みであることへの不安とともに危機感を持って受験勉強を春から始めたことになります。この点では、みなさんの先輩たちが受験生だったときと比べて、スタートが早かったと言えます。この点では安心してください。

また、授業進度に関してですが、この点でも大丈夫です。千葉進研では、例年の中学3年生と同じくらいの進度で進んでいます。つまり、例年の学校の進度よりもかなり早いペースです。しかも、夏期講習は例年よりも多い授業数で、十分に皆さんの受験をリードし、支えていきます。
 とはいえ、例年の夏休みは長く、先輩たちはこの期間にかなりの力をつけることができていました。今年は夏休みが短いため、みなさんには、学校がある期間にも夏期講習と受験勉強を頑張ってもらいたいと思います。そして夏休みにも、もちろんやり切りましょう。
やはり夏は受験のカギを握っています。この時期をどう過ごすかが、受験結果に大きく影響するのです。
適度な危機感を持ちつつ、一緒に頑張って、夢への階段を上りましょう。

ピンチこそ、チャンス!!(中1中2:塾だより7-8月号)

 みなさん動画授業の視聴お疲れ様でした。とりあえず新型肺炎も一段落し、少しずつではありますが、これまでの生活に戻りつつあります。学校も徐々に始まりましたが、「定期テストはどうなるだろう。」とか「部活や大会はどうなるだろう。」などまだまだ不安なことや分からないことが山積みです。しかしその中で確実に言えることは「この2ヵ月間頑張ったみなさんは、他の中学生の子たちと比べて大きくリードしている。」ということです。

中学1年生のみなさんは、小学校の時と比べて大きく生活リズムが変わったり、部活が忙しかったり、勉強内容が難しくなったりと、毎年苦労される人がたくさんいます。中にはもうついていくことが無理だと、勉強を諦めてしまう人もいます。今年はこんな状況で中学校が長期間休校になってしまいましたが、逆に考えると塾でたくさん予習ができ、余裕をもって中学校生活を始めることができると言えます。また部活動も例年よりゆっくり始まっていくので、生活の変化にも慣れやすいと思います。

 中学2年生のみなさんも、新しい生活に慣れるのに苦労した去年と比べて、ここ数カ月は大分余裕があったと思います。今まで日々の生活や課題に追われてできなかったことを復習したり、新しいことに挑戦してみたりという人も多いと思います。また逆に生活リズムが崩れてしまった人は、規則正しい生活の重要性や塾などから出される課題の必要性が身にしみて分かってもらえたと思います。去年と比べて部活動も全体的に落ち着くと思うので、そこで生まれた余裕を勉強に向けてもらえたらなと思います。

 おそらくこれからも、色々な面で例年と違う動きを取らなければいけないというケースが出てくることでしょう。今までできていたことができなくなったり、制限されたりすることもあるでしょうが、それは皆同じですし、しょうがないことです。できなくなったことに不平不満を言うより、逆に何か新しくできることは無いか前向きに考えてみませんか。それはきっと周りの人たちにも、自分にとっても良い影響を与えることでしょう。

小学生は、この夏の勉強で差がつく!(小学生:塾だより7-8月号)

<塾(じゅく)の夏期講習(こうしゅう)で、学力アップ>
いよいよ本格的(ほんかくてき)な夏が始まります。今年は新型(しんがた)コロナウイルスのえいきょうで、学校授業のスタートが大はばにおくれました(6月から始まりました)。塾では映像(えいぞう)授業(じゅぎょう)やオンライン授業、宿題や模試(もし)などたくさんの家庭学習をやってもらい、できるだけ勉強におくれがでないようにしました。ご家庭でのご協力には、心から感謝(かんしゃ)いたします。ありがとうございました。
そしてまもなく「塾の夏期講習」が始まります。2学期が始まるまでのこの暑い期間は、学力をのばし、成績(せいせき)を上げるための勉強をする大きなチャンスです。これまで学習(がくしゅう)した内容(ないよう)をもう一度しっかりおさらいをして基礎(きそ)を固(かた)めたり、苦手教科のこく服にチャレンジしたりとこの夏を有効(ゆうこう)に過(す)ごしましょう。この期間にまじめに勉強に取り組めば、大はばな成績アップが望(のぞ)めるはずです。そんな夏の勉強手段(しゅだん)として、「塾の夏期講習」があるのです。
夏は勉強のチャンスといっても、自分ひとりで的確(てきかく)な学習計画を立てて取り組むのは、小学生どころか中学生にとっても簡単(かんたん)なことではありません。ですから塾のカリュキュラムはとても心強いものになるはずです。せっかくの夏休みに塾通いなんて…と思わないで、参加(さんか)する上は、一日も休まないぞ! とか絶対(ぜったい)宿題をがんばるぞ!とかの目標(もくひょう)を持って通って下さい。「塾の夏期講習」は、期間中ふだん通りの宿題が毎日出ます。(ふだんは一週間後に見せる宿題だが)とてもたいへんですが、夏期講習期間は特別(とくべつ)な時間と思って、食らいつきましょう。この経験(けいけん)は、後々みなさんの財産(ざいさん)になっていくのです。(経験値を上げるための、修行(しゅぎょう)です)
<先を見る勉強のススメ>
さて中学生になる前に、小学生高学年で必要(ひつよう)な準備(じゅんび)は何でしょうか。それは、「中1ギャップ」にならないように準備をしておくことです。「中1ギャップ」は、生活面(小学校と中学校の生活リズムのちがいや周(まわ)りの人との関係(かんけい))などさまざまな問題があります、勉強面では、学習の変化(へんか)についていけず(授業進度や各種(かくしゅ)テストなど)、成績が下がってやる気をなくしたり、家での勉強の習慣(しゅうかん)がついていなかったため、授業についていけなくなったりしてしまいます。特に、中1の2学期あたりから急激(きゅうげき)に成績が落ち始めて(学習内容が急に難(むずか)しくなる)、「どうして?」と感じることも少なくありません。そこで、中学入学までに、身につけておきたい10の力(武器(ぶき))があります。
①調べ学習ができる力。(国語辞書(じしょ)・百科事典(じてん)やインターネットの使用)
②適度(てきど)な速さで板書をノートに書ける力。(ていねいな字で)
③人の話を聞き取り、メモが取れる力。(特に宿題や連絡(れんらく)事項(じこう))
④文の音読(国語・英語)など大事なことを暗唱(あんしょう)する経験。
⑤漢字や知識(ちしき)の暗記学習をする経験。
⑥計算が正確(せいかく)にできる力。(分数、小数の加減(かげん)乗除(じょうじょ))
⑦47都道府(ふ)県とその位置(いち)がわかる力。(県庁(けんちょう)も)
⑧ローマ字の読み書きができる力。
⑨学習姿勢(しせい)ができている。(筆記用具の準備、定規(じょうぎ)の使い方、イスの座(すわ)り方)
⑩家庭学習の習慣がある。
みなさんは、いくつ身につけて(装備(そうび)して)いますか?これらの内のいくつかをこの夏の目標(もくひょう)にして、がんばりましょう!